ブダペスト公演


国際交流基金主催の神楽中欧公演で現地日時2月18日から、ハンガリーのブダペストに滞在している。

ここで日本の新聞やテレビで〝東欧公演〟と記載されているが、歴史的にも、アイデンティティー的にも西側に近く、〝中欧〟だということだった。

ソビエト連邦の関係で、東欧と呼ばれることが多かったが、古くからは西ヨーロッパとの繋がりが強い国だ。

19日に現地の映画・演劇大学生との交流セッションが行われ、

20日にブタペスト公演が行われた。

学生たちは、かなりプロフェッショナルでレベルが高く、難しい舞も飲み込みが早かった。





20日のブダペスト公演は、ヨージェフ・アッティラ劇場(580席)が満席となり、もうひと公演してほしいとの要望が出るほどだった。


満席となったブダペストのヨージェフ・アッティラ劇場。


お神酒を受け取る在ハンガリーの日本大使。


〝bravo〟と拍手が鳴り止まず、尚樹くんの恵比寿舞は大人気。


現地の子どもたちが鯛役を務めた。



99回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【当たり前のものがすべて奪われる】

昨日、香港の友人と少しやり取りをしたので、紹介します。 あくまでも一香港人の見解です。これくらいのことしかできませんが、皆さんに知ってもらうために、シェアをお願いいたします。 私は安全ですが、こちらの状況はますます悪くなっています。政府は市民の声を聴かず、多くの人が怒っています。私たちは不満を持っていても、平和的態度を堅持してきましたが、若者たちは、警察の不公平に対して、暴力で対抗を始めました。な