そして、もっと前へ


16日お祭りを撮影するために、大槌へ向かった。

予定のある中でのほんの短い時間の滞在だった。

外から短い時間だけ来て、少し写真を撮って、一体何が分かるのだろう。


もっと腰を据えて、時間をかけて、丁寧に物事を見聞きし考えて、じっくりと向かい合わなければ、何も捉えられない。

シャッターを押せばすぐに撮れてしまうけれど、目に見えない、でも確かに存在する大切な何かを、自分自身の心で捉えることができなければ、その写真はただの記録になってしまう。

いつも、そのことで苦悩し、歯がゆい気持ちでいる。

そこから抜け出して、もっともっと前へ進もう。



0回の閲覧