アートってなんだろう


アミイゴさんのブログに触発されて文章を書いています。

http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=12986

〜アミイゴさんのブログより引用〜

ここではボクの考えに変えて言葉にしちゃうけど、 それは震災後に確かになってきたボクの価値観とも言えるけど。

カッコいい言葉で「わかってる」人を集めてる場合じゃなないぞ。

「ほっこり」に子どもやじーちゃんばーちゃんまでもが集まってくれる。 しかし、そこにあるものの質は高い。

カッコいいこと言ってなにか素晴らしげなものを啓蒙してゆくんじゃなくて、 今ある場所を風通しよいコミュニケーションのもと確認し、 そこから必要な未来をたぐり寄せてゆく。

そのためにも、もはやボクも「ほっこり」じゃなくちゃダメだーー!! と実感した夜の狂気の酒席。

アートや芸術が一部のハイソな?教養のある?人たちのもので、普通の人には理解されない、共有できないものじゃないかと、たまに考えることがあります。

この日本社会において良くも悪くもそういう側面があることは事実でしょう。

上から目線でこれがアートだ!価値があるんだ!どうだすごいだろう!というのが芸術家なのかもしれませんが、

みんなと共有し、感じてもらい、一緒になって考えることで、未来を創造する。

そういうことが文化や芸術を育てるっていうことなのかもしれないと思いました。

アートだ、芸術だと言って奢らないように、常にみんなと共有して、一緒に感じたり考えたりしながら進んでいきたいと思います。



0回の閲覧